2018年04月29日

2018年4月29日 新規農地について地主さんとの話合い&ブロッコリー薬散&大先輩農家さんとの話し合い

作業時間 9:00~10:00 10:30~16:00 18:00~23:00

・新規農地について地主さんとの話合い
先日、大先輩農家さん経由にて紹介された農地について地主さんと条件の擦り合わせを行いました

自分側の条件
本年度の営農計画において、予定外の農地であるため、早急に何とかするのは、難しい
正直なところ、お借りする土地を含めた範囲での営農が可能か目途が見えない
本年度中は、雑草の管理は、実施するので来年以降お借りした土地を含めた営農にて問題なく作業が可能かの試金石にして欲しい
本年度の結果を持って、来年度以降、実際にお借りするか双方の意見を集約したい

相手側条件
来年になって、やっぱやらないは、困る。
今年は、作物は、作らなくていいので、草の管理をして欲しい
トラクター等は、使っていいが、すぐに取り出せる場所にないので、使用時は、前もって言って欲しい
貸す畑の一部は、家庭菜園として継続して使いたい
畑の中にあるブルーベリー及び柿の木は、そのままにしてほしい

との内容・・・・

えっ?よーするに今年は、草刈りボランティアをやって、強制的に来年以降もやれと?????

それは、ちょっとフェアな条件じゃないなーと悩んでいると

地主さん「何か問題でもあるんですか?」

自分「はい、正直、現状のキャパでもそれなりにあるので、今年の管理具合にてご迷惑をお掛けするような状況を作ってしまいましたら申し訳なく思いますし、てっきり、今年は、お試し的に双方での様子見だと思っていましたので・・・・」

地主さん「そんな曖昧な気持ちでやってもらっては、困ります。10年は、やってもらわないと」

自分「それでは、今回の話は、お受けできません。体制も整わないうちに無理やりやったとしても良い結果になりませんし、その事で現在お貸し頂いてる他の地主さんにまでご迷惑をお掛けするようになっては、義理が立ちませんので。それに無理に畑を借りまくって結局、半耕作放棄みたいな畑になってしまってるとこもあると聞いておりますし、そのようなことは、できません」

と、明確にお断りしたところ逆に「いや、貴方のような考えの人にやってもらいたいのですが・・・」とかいきなり話が変わりました。。。

しかし、当初の条件は、変わる様子もなく、一旦は、持ち帰りとしたのですが、結局は、断る事にしました

断るにあたって、まず、お話を回してくれた大先輩農家さんに連絡を入れ、事情を話しお断りさせて頂く事を説明させて頂いたところ

大先輩農家「それは、仕方ないが、あそこ場所は、いいんだよなぁ。。。」と・・・・
そして、「とりあえず、夜会おう」との事で、お会いする事に・・・・

・ブロッコリー薬散
ブロッコリーの薬散を行おうと部材を準備していると、一部の部材が壊れている事が発覚
近場で即手に入る物でもないので、2つ隣の市まで購入に走る
帰宅途中で知り合いの所によって、工作機械を借りる

そして、何とか「定植後14日以内」の薬散が行えました。。。。ほっ

・大先輩農家さんとの話合い
てっきり、多少のゴリ押しで農地を借りろって話があるのかと思ったら全然違う話に・・・
近年、長和の農業の状況や、全国的な農業の現状、御自身の経験からの農業をやっていく上での必要なこと
雑談からためになる話まで、色々と教えて頂きました

で、結局、ご紹介頂いた農地に関しては、「今時、地主側が条件つけれるような御時世じゃない」との事で、借りなくても良い事に(ほっ

そんな一日でした。
posted by 晴耕雨読の人 at 02:04| 長野 | Comment(0) | 個人農業 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。