2017年05月26日

ニンニク芽をちょこっと収穫

本日も天気の良くない東信地区ですが、畑の巡回をしているとニンニク芽を発見
2017_0526_12_12_56_363.jpg
ひょろっとして、曲がりくねってお店で売ってる物と随分違いますね

調べてみると、国内で販売されている物のほとんどは、中国産の輸入物で、ニンニク芽を収穫するための品種ってのもけっこう入ってるみたいですね。
国内産で道の駅や直売所で売ってる物は、だいたいニンニクの副産物とでもいいましょうか、ニンニクの球根を収穫するために栽培した物から花をつけるために出てきた茎とのこと
そのような物は、曲がりくねって、細くて香りもそこまで強くない物になるそうです。。。。
まさに今回収穫した物ですね。。。。

しかし、だからと言って放置しておくと、花を付けるために養分を使ってしまい、球根の肥大が阻害されてしまうので、収穫しました。

2017_0526_12_33_18_166.jpg

上でも少し説明しましたが、ニンニク芽って言いますけど、実際は、芽じゃないんですよね。
花を付けるための茎の部分となります

とりあえずの初物ってことで、知り合いと少し分けて、食べる事にします。
茎の部分は、鉄板料理の「豚肉とニンニク芽炒め」あたりにして、蕾の部分は、天ぷらにでもしてみるかな。

ニンニク芽が出てから2週間程度が球根部の収穫の目安だそーですので、定期的に球の太り具合を確認しながら収穫していきたいと思います
posted by 晴耕雨読の人 at 13:31| 長野 ☔| Comment(0) | 個人農業 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。